TOP > 学校案内 > 沿革・建学の精神・校訓

学校案内

沿革・建学の精神・校訓

沿革

明治
11年
佐賀市呉服元町願正寺境内に振風教校として創立
33年
西肥仏教中学と改称
35年
第五仏教中学と改称
36年
佐賀市水ヶ江の現在地に移転
41年
龍谷中学校と改称
昭和
22年
学制改革により新制龍谷中学校を開設
23年
学制改革により旧制龍谷中学校を龍谷高等学校と改称
26年
財団法人佐賀龍谷学園を学校法人佐賀龍谷学園と組織変更
30年
新制龍谷中学校を休校
36年
男女共学となる
53年
学園創立100周年記念式典を挙行
57年
特別進学科を設置
平成
4年
普通科に文理コースを設置
5年
普通科に仏教コースを設置
6年
龍谷中学校再開
9年
高等学校に中高一貫コースを設置
10年
創立120周年記念式典
12年
食堂開設
20年
文理進学コース、普通総合コースに改称、創立130周年記念式典
24年
『総合コース』に『保育係コース』を新設
25年
『保育係コース』を『保育コース』に改称

このページの先頭へ

建学の精神

本校は明治11(1878)年創立以来、一貫して浄土真宗の宗祖親鸞聖人のみ教えを建学の精神として、今日まで変わることなく「心の教育」を目指しています。すべての人が平等に生かされている生命の尊さに目覚め、感謝のうちにお互いが敬愛し合う心豊かな人格を備え、社会の進展に貢献する強く明るい人間の育成に努めます。

このページの先頭へ

校訓

合 掌 (つねに深く自らを省みる)

感 謝 (限りない恵みを喜ぶ)

自 律 (たゆみなく励む)

明 朗 (強く明るく生きぬく)

このページの先頭へ